レピュテーション・マネジメント

   

レピュテーション・マネジメントとは、消費者をはじめとする株主や取引先、従業員、地域社会、行政機関といったステークホルダーのレピュテーション(=評価)を良好な状態にし、それを維持する活動です。最大の目的は企業価値の向上にあります。

 

企業価値向上のための具体的な取り組みとしては、積極的な情報公開や社会貢献活動への参加といったCSR活動の強化が挙げられます。これらの積極的な活動がステークホルダーのレピュテーションに好影響を与えると考えられています。

 

現状のレピュテーションは、ソーシャルリスニングやコンシューマーサーベイ、キーパーソンインタビューなどによって把握します。また、導かれた現状のレピュテーションを分析することも重要であり、好影響や悪影響を及ぼす要因の抽出と分析から、今後のマネジメント方針を作り上げていきます。

 

また、レピュテーション・マネジメントはリスクマネジメントやクライシスマネジメントの一部として重要な役割を果たしています。広義にはPR活動そのものや広告活動もレピュテーション・マネジメントの一部と考えることもできます。

 

(※ソーシャルリスニングとはブログ、Twitter、facebookなどのソーシャルメディア上の声をリアルタイムで収集し、企業や商品・サービスに対する評判を分析するマーケティング活動)

 

 

ザックスが選ばれる理由:リサーチとコンサルティングのプロが在籍

 

当社は、PRコンサルタントのみならずマーケティングリサーチャーやマーケティングアナリストも多数在籍しています。専門スタッフが、現状評価の収集から分析まで、価値あるレピュテーション・マネジメントを実践します。是非一度当社にご相談下さい。

   
  • お問い合わせはこちら
  • 電話でのお問い合わせ