PRと広告の違い

   

PRと広告の違いについて論ずる前に、PR活動における広告的活動を説明する必要があります。「PR活動とは」で述べた通りPR活動は多岐にわたります。その中での広告的活動とは、テレビ、新聞、雑誌、WEBなどに自社の情報を露出させるパブリシティ獲得活動が該当します。これはPR活動の中の「社内情報の社外への発信」の一部ではありますが、メディアを介して広く消費者や関係者に伝搬されるためその影響力は大きく、PR活動の代表として「広告活動」と比較されることが間々あります。従って以降では「PRと広告の違い」を「パブリシティ獲得と広告の違い」として両者を比べることにします。

 

広告は、露出・掲載される枠をメディアから買い付け、その枠に広告という形で自由なメッセージで表現し発信します。企業の伝えたいメッセージを各メディアに確実に発信することが出来ます。しかし、莫大な費用が掛かることと消費者の広告慣れから、その効果に疑問が持たれています。

 

一方、パブリシティ獲得は、あくまでテレビ制作者、新聞記者、雑誌編集者、WEBニュース編集者の意図による編集枠内(広告枠では無い)での扱いになるため、メディア発の信頼性の高い情報として消費者に届きます。そのためパブリシティによる情報の信頼度や浸透度は広告とは比べ物にならないほど高く、また基本的にはメディア費用は掛かりません。しかし、良い事ばかりのように見えるパブリシティですが、デメリットも存在し、まず「簡単にはパブリシティとして扱われない」事が挙げられます。また努力の甲斐あってパブリシティ獲得に成功しても、その内容は前述した通り編集者の意図によるので、「企業側の望んでいる露出や表現にならない」可能性もあります。場合によっては企業側が意図しない批判的な扱いをされる場合さえあります。

 

pr-ad

 

パブリシティ獲得活動と広告活動にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、十分に理解したうえで自社に合った活動を実施する事をお勧めします。

   
  • お問い合わせはこちら
  • 電話でのお問い合わせ