PR活動とは

   

PRとはパブリック・リレーションズの略であり、日本では戦後のGHQの指導の下、公官庁への導入が求められました。その際、パブリック・リレーションズを「広報」と訳す省庁が多く、現在の「広報」という文言が主流となりました。広義のPRは「ステークホルダーとの双方向の良好な関係作りや維持」でありますが、日本では多くの場合、プレスリリース、記者発表、決算発表、社内広報、といった一方向のコミュニケーションを指します。この場合のPRは狭義のPRと位置づけられ、長い間、企業の「広報課」などがその職務を担ってきました。近年、日本においても従来型の狭義のPR活動から広義のPR活動への注目が高まり、活動も多岐にわたるようになっています。

 

かつてのPR活動は「新聞記者、雑誌編集者と良好な関係を築き、自社の情報を新聞・雑誌に掲載すること」に主眼が置かれていましたが、これはPR活動の一部であるパブリシティ獲得活動に過ぎません。現在は「外部情報の受信」「外部情報の内部への発信」「社内情報の受信」「社内情報の社内への発信」「社内情報の社外への発信」という5つの活動を総称してPR活動として定義することが一般的です。先ほどの「パブリシティ獲得活動」は「社内情報の社外への発信」活動の結果の一つであると言えます。

   
  • お問い合わせはこちら
  • 電話でのお問い合わせ